横浜市立大学 第59回浜大祭


横浜近辺在住の人ならもしかしたらご存知かもしれませんが、「浜大祭」が今年も行われます。「浜大祭」というと、海辺のお祭?と思われるかもしれませんが、横浜市立大学金沢八景キャンパスで開催される学園祭のことです。学生以外でも参加できる、子供からご高齢の方まで、誰でも楽しめるような地域密着型の学祭なのです。それだけ、この横浜市立大学は開かれた大学なのでしょうね。

では、「浜大祭」が行われる「横浜市立大学」とはどんな大学なのでしょうか。横浜市立大学は、神奈川県横浜市金沢区瀬戸に本部を置く公立大学です。「よこいち(横市)」「しだい(市大)」「Y大(わいだい)」などと親しまれています。もとは横浜市立横浜商業学校、通称Y校の専修科が母体で、昭和3年1928年に横浜市立横浜商業専門学校(通称:Y専)として創設。この学校と、私塾であった「鎌倉アカデミア」「横浜医科大学」と母体として、1949年の学制改革とともに新制大学として誕生したのが「横浜市立大学」なのです。

近くに住む人たちの中には毎年この「浜大祭」が楽しみという人も多いでしょう。訪れたことのない人も、ふだん足を踏み入れることのない大学キャンパスに出入りできるチャンスなので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?2011年は61回目の「浜大祭」が10月28日(金)〜30日(日)までの3日間行われました。

その内容は、お笑いライブあり、ミスター・ミスコンあり、アーティストライブありのバラエティ豊かな内容で、毎年、地元から多くの参加者、見学者が訪れ、盛り上がります。

「浜大祭」の名物が「お笑いライブ」とアーティストライブ。有名な芸人も登場し、会場を笑いの渦に巻き込みます。アーティストライブでは、横浜を中心に活躍するアーティストたちが、特設ステージで個性的なパフォーマンスを繰り広げます。

では、毎年3日間の予定で開催される「浜大祭」の内容を詳しく見ていきましょう。第一日目は参加グループや参加サークルが、様々な魅力的な出し物を紹介。クイズ、軽音楽部の演奏、チアパフォーマンスなど充実した内容です。不思議な美女たちが登場するパフォーマンス企画もあり、これは実は男子学生が美女に変装しているので、思わず会場から笑いが! NO.1を投票で決めて盛り上がります。2日目はビンゴ大会やミスコンが開催されます。これも「浜大祭」で大好評の恒例の催し。誰でも参加可能です。最終日のお楽しみは爆笑ライブ。芸人さんとのジャンケン対決も。ユニークなのが、自慢の肉体美を披露し、パフォーマンスで競い合う野外ステージ「筋肉の祭典」!これで会場の盛り上がりは最高潮に。

子供たちだけでなく大人も楽しめる企画が「夢の国」。ひととき現実の世界を忘れて、ファンタジックな「夢の国」を堪能できます。ダンス部の発表に「屋台の鉄人」表彰式、花火の打ち上げも。フリ−マーケットなどもあります。横浜のカラーを出しながら、学祭ならではの若いパワーで盛り上がる、地域密着型学祭、「浜大祭」。今年はどんな芸人やアーティストが登場するのでしょうか?



横浜市立大学 第59回浜大祭
























































































































リンク集